喪服 値段

喪服の値段の相場(女性)

大体ですが、喪服の値段の相場は次のような感じです。

しまむらの喪服

1万円前後

イトーヨーカドーやイオンの喪服

2万〜5万

デパート(百貨店)の喪服

5万〜10万

喪服の値段は高いほうが良いの?

喪服は個別に見ると分からないのですが、お葬式で黒い服ばかり並んでいると、色の違いが目立ちます。

良い喪服は、黒の発色が綺麗で色味も深く、喪服の値段が高い方が、黒の発色が良いと言えます。

ただ、デパートでは10万円位の金額のする喪服

 

メーカー直営のネットショップでは2〜3万円で購入する事も可能です。

 

 

レディース喪服の選び方

1番最初に選ぶ喪服

  • 流行に左右されないデザイン
  • 一着で季節を問わずに着られるワンピースとジャケット(ボレロ)のセット

 

サイズは、身体の線を強調しない少し大きめのものを

座る機会が多いので、あまりジャストサイズを選ばない方が楽です。また、頻繁に買い換えるものではないので、サイズの変化を考慮した方が良いでしょう。

 

オールシーズン着用の喪服では、冬場に厚手の下着を着てもきつくない様、ゆとりをもって選ばれる事をおすすめします。

 

スカート丈は、ひざが隠れるものを

喪服は、肌の露出の少ないデザインが基本です。20代の方であれば膝上でも大丈夫と言いますが、ずっと使い続けていく予定であれば、ひざが隠れるものが良いでしょう。

 

実際、座ったり、立ったりする動作が多いので、ひざが隠れるスカート丈の方が楽です。

 

喪服のパンツスーツについて

喪服でズボンを着用するのは、略式になります。パンツスーツは、かなり寒い地域や足の悪いお年寄りなど、特別な事情がある場合に着用するケースがほとんどです。最初の喪服としてこれから購入するのであれば、おすすめしません

人気の女性用の喪服をチェックしたい方はこちらから

メーカー直販で高品質なのに喪服の値段が安い!

 

・喪服の通販で人気のお店(楽天)はこちら >>