喪服 メイク(化粧) 髪型 アクセサリー

シンプル&控えめに

お葬式の服装は、故人の死をいたむ気持ちを表すものですので、華美な装いは避けたいものです。

 

化粧は控えめに、髪もできるだけシンプルにまとめる事をおすすめします。

お葬式のメイク

お葬式は悲しみを表す場であり、派手なメイクで行くのは場違いになります。かといって、ノーメイクで行くのもマナー違反になります。

 

以下はNGです。

喪服のメイク(化粧)、髪型、アクセサリー

  • 赤いマニュキュア
  • マスカラ
  • アイシャドー
  • 香水

昔は、「方化粧」と言って口紅を塗らないしきたりがありましたが、現在ではノーメイクは失礼になります。口紅はごく薄い色で。

 

マニキュアはおとなしい色なら大丈夫です。

 

香水はつけてはいけない決まりがあるわけではありませんが、人が多く集まり、香の立ち込めるお葬式では、香水の香りは不適切です。

喪服の髪型、髪の色(茶髪など)

髪はすっきりとまとめ、お焼香やお辞儀の時に邪魔にならないスタイルに。

 

派手な髪飾りはNGです。(金具付き、光るものなど)

 

 

髪の色は、普通の明るさの茶髪であれば問題ないでしょう。(元の髪より2段階位、明るい程度)

 

金髪のように目立ちすぎる場合は、スプレーなどで色をおさえた方が良いです。

喪服のアクセサリーについて

指輪

結婚指輪以外はNG

ネックレス

・真珠→大きすぎない、7〜8ミリ丁度の一連のものを。(白真珠・黒真珠どちらでも可)
・黒のオニキス、黒曜石も可能。

イヤリング

基本は、つけません。
ただ最近はパールのイヤリングを着用している女性も多い。もし迷うのであれば、着用されない事をおすすめします。

数珠(念数)

房の形や数珠の形状などは宗派によって違います。
特にこだわる必要が無ければ、ご自分で気に入ったものを。お好きな色を選ばれると良いですよ。

 

ネックレスとイヤリングについて
  • どちらもつけてはいけない
  • どちらか片方だけなら、つけても良い
  • ネックレスを着用しないのはよくない

と様々な意見があります。両方つけている女性も葬儀ではみかけますが、一番無難なのは、一連のネックレスの着用だけです。

 

もし迷ったらネックレス(一連のもの)だけを身に付ければ、間違いありません。

 

ブラックフォーマルのネックレスがどんなものか、チェックをしてみたい方は、こちらが参考になります。

 

 

数珠の選び方に困ったら

 

通販大手の楽天市場で、どんな数珠が売れているか見ることが可能です。チェックされたい方は参考なさって下さい。

 

楽天で買い物をするなら......

 

毎日の生活で、ポイントを貯めやすい楽天カードは作っておくと、とても便利!

  • 年会費無料
  • 1ポイント=1円
  • 楽天市場で使う時以外はどこでも100円の利用で1ポイント
  • 楽天市場での買い物はいつでも、ポイント2倍!(100円=2円)
  • ポイント感謝デーやポイント最大10倍キャンペーンなど、ポイントアップの日が月に数回
  • 商品未着安心制度:商品が未着で、店舗との連絡がとれない時は、楽天が金額を保証

 

顧客満足度1位を連続で獲得しているカードです。